2019年5月 アンバスケード

アンバスケード1章デュラハン(2019年5月)


バージョンアップによりアンバスケード1章の敵がデュラハンに切り替わりました。早速倒してきたので作戦報告です。

今回の敵は物理構成でもパッセ構成でも対応可能となっており順調なら5〜10分で倒せてしまうので人気となっているようです。

アンバスケード1章に挑戦

(遠いわ、暗いわで後で撮り直さないと…)

今回の敵は、デュラハン族になります。

特徴

ボスは、Bozzetto Retributionist(暗)と、Bozzetto Charger(アリコーン)がいます。

ボスはデュラハン特殊技に加え、以下の4つを使います。魔法は範囲化されたアブゾ系バイオIII、アスピルIIIスタン、さらにドレッドスパイクエンダークII等を使います。

名称範囲効果空蝉備考
チャージングアップ自身ログが流れた後いずれかのモードに変化-
ネザーカスティゲーション自身中心範囲発動までに受けた総ダメージの一部を反射消去
アトラメント・オブレーション自身中心範囲物理ダメージ強化複数吸収
アイゼンシュナイダー自身中心範囲即死超広範囲、ヒーリング即死回避

ボスは「チャージングアップ」を使用するとログが流れた後、以下のいずれかのモードに変化する。対応する特殊技を使用することで各モードは終了する。

正面から殴ると盾防御でかなりのダメージカットしてくるため、背面からの攻撃が望ましいです。

アリコーンシンチラントランスのギミック以外は従来の特殊技と同じです。シンチラントランス特殊技の構え~発動終了までの間、被物理ダメージ吸収状態になります。吸収したダメージに応じてシンチラントランスの威力が上がるため、極力ダメージ吸収されないようにする必要があります。

大まかな作戦

物理PTも出来ないことはないのですが、前回の後半からパッセ戦術が主流となっているようです。

パッセPT

こっちは至って簡単。盾+風+補助1(コなど)+残り召になりそうです。

準備が終わったら盾さんが敵を釣る。風さんはボルスターでジオフレイルは確定、召喚さん達の命中が足りているようならインデマレーズ、足りてないならインデトーパー、エントラはインデランゴールが良さそうです。召喚さんがイフリートのフレイムクラッシュを選択すると思うので、マレーズでも補助しています。アリコーンの魔回避がかなり高いので、エントラはリフレではなくインデランゴールの方がダメージが安定しました。

身内ではイフリートを使っていましたが、ラムウを使うところもあるようです。

召喚さん達は、アポジー終わったらアスフロパッセでイケイケー!です。

盾さんはタゲ取り、剣さんの場合はガンビット、レイク入れると召喚さん達のダメが跳ね上がります。

コルセアさんは、ドラケンロールビーストロールです。

難易度別の作戦

私が経験したものについて書いていきます。都度更新していきますね!

とてもやさしい

忍者でやりました。コルモル、セルテウス、クピピ、ユグナス、EV。私のいつものセットを呼んでいます。

アリコーンがいません。特徴に書いた「チャージングアップ」に注意して入れば、特になんの問題もなく殴りたおせました。

TP貯めさせようにサポを黒赤白のどれかに設定すると良いかもです。

やさしい

ここからアリコーンが追加されます。

PTでとてむずがやれるのでやらない方向。

ふつう

PTでとてむずがやれます。

むずかしい

PTでとてむずがやれます。

とてもむずかしい

パッセでやりました。準備時間も含めて8分ほど、実際に戦っていたのは1分にも満たないと思います。

【LS活動(水曜日編)】アンバスケード1章デュラハンのとてむず連戦(パッセ編)

水曜のLS活動は、アンバスケード1章デュラハンのとてむず連戦になりました。今回もパッセ構成となります。 いつも来てくれてありがとうございます。気に入っていただけましたらポチッとしてくれたら嬉しいです。 ...

続きを見る

トリガー

デュラハンが3体となっています。古ぼけた紋章-蟲妃公をもっている場合は、ケイザック古戦場(G-10)のオブジェクトからシィの門へワープしてすぐのところにたくさんいます。リポップも早いのでここを使っていました。敵を探しに奥へ入りすぎるとすぐ囲まれるので注意してください。

もう一箇所は、カザナル内郭のHPから一度ワープした先に複数いました。Asura鯖では外国の方のPTはこちらを使っているようでした。臨時でアラを組んでやっていました。

 

 

 


いつも来てくれてありがとうございます。気に入っていただけましたらポチッとしてくれたら嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ FF11(FFXI)へ


人気ブログランキング

また以下のリンクは、FF11を楽しむ仲間たちのブログが集まっているアンテナサイトになります。私のブログ同様に応援してくれると喜んでくれると思います。ぜひ訪ねてみてください♪

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

-2019年5月, アンバスケード
-, ,

Copyright© もっとFF11を楽しみたい , 2019 All Rights Reserved.